鉛製給水管について

更新日:2020年03月16日

水質基準の強化

鉛の水質基準は、平成4年に0.1ミリグラム/リットル以下から0.05ミリグラム/リットル以下に改められました。この値は、毎日水道水を飲用しても日本人の健康に問題がないとして制定されていましたが、平成15年度からWHO (世界保健機構) の「飲料水のガイドライン」にあわせ、0.01ミリグラム/リットル以下へと強化されました。

鉛製給水管の使用経過

鉛は金属としては柔らかい材質であるため、加工しやすく給水管などの材質として広く普及していましたが、硬質塩化ビニル管やポリエチレン管の普及に伴い、岡山市では昭和53年3月以降鉛管の使用を中止しました。したがって、それ以前から水道を利用されている場合には、鉛製給水管が使用されている可能性があります。

鉛製給水管解消に向けての取り組み

配水管の改良工事や修繕工事に併せて、道路上の給水管が鉛製の場合にはポリエチレン管に替えるよう工事を行っています。

この記事に関するお問い合わせ先

配水部 配水課 配水係
〒700-0914 岡山市北区鹿田町二丁目1番1号

電話:086-234-5955 ファックス:086-221-8475